今、自分の先祖のルーツを知りたいという人が増えています。家系図とは先祖から今に至るまで、どんな人がどんな経緯で生きていたかを繋げていく図のことです。我が家にはないからこの機会に家系図を知りたい、作り方を聞いておきたいという場合もあります。家系図の作り方としては戸籍を使うのが一般的です。

養子縁組なども含めて、婚姻関係などをたどって作成します。有名な家柄では作り方を知らなくても巻物や掛け軸として現存していることもありますが、一般人にはそうしたものは残っていないことが多いです。また専門家が使う家系譜とは、系図を作成する上で集めた情報を図にしたものを言います。つまり家系譜は情報が多いのが特徴です。

これらの家系譜や家系図を作っていく際の情報源は、やはり戸籍です。戸籍は国が保有しているものですので、閲覧するには申請が必要となります。明治4年に戸籍法が制定されて、月の明治5年に日本で初めての戸籍制度が制定されました。この戸籍を調べていくと、先祖は今いる居住区からは遠い場所に住んでいたことがわかることがあります。

そして先祖がどのような人だったのかといったことまでも判明していくので興味深いです。詳しくは除籍謄本や原戸籍など、戸籍には種類があることがわかります。近年では終活でエンディングノートを作るだけでなく、にこの家系図作りが行われたりします。作成していく過程で、自分の祖先や縁の深い土地が解明されるのも感慨深いと言われ、系図作りが見直されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です