家系図を作る際には先祖の発祥地や職業などを調べなければならず、そのために非常に難しいものであると感じることが少なくありません。しかし実際には非常に簡単なものであり、また調べていくうちに徐々に興味が湧いてきてその調べ方も効率の良いものとなるものです。まずは、自分の身近なところから調べていくのが効果的な作り方の第一歩です。両親に先祖のことを聞き、その生い立ちなどを聞くことで流れをある程度推測することができる場合が少なくありません。

特に日本の場合には大きな戦争を経験しており、この際に様々な経験をしている人が多いため、その様子が非常にわかりやすくなっていると言う特徴があります。家系図はその全てを網羅するものではなく、様々な記録と推測から成り立つものであることが多いものです。そのため、両親から始まりできるだけ多くの親族の話を聞くことで、その全体上が浮かび上がり比較的簡単に作ることができます。言葉遣いの特徴や生活様式から先祖の発祥地がわかる場合もあるため、この点にも注意をすると良いものです。

家系図の作り方はその先祖の発祥から作ろうとすると非常に難解なものとなるため、身近なところから作るのは効率的な作り方となっています。初めから大規模なものを作ろうとはせず、まずは手近なところから追いかけていくのが良い方法であり、また効率的に作ることができる方法となっているため、じっくりと時間をかけて手がけるのが効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です