家系図の作り方は、一般的に自分で作るか専門の会社に依頼するかのどちらかです。専門の会社に頼めば必要な書類を用意し、作成まで行ってもらえるので手間がかかりません。しかし、一つひとつ先祖の情報を集めていくのは、自分で作る楽しみがあります。個人で行える家系図の作り方として、まずは最初に先祖の戸籍を収集します。

戸籍は本籍地にあるので、役所に直接出向いて担当者に書類をもらい、必要な内容を記入すれば手に入れることが可能です。先祖の本籍地が全国に散らばっている場合、全ての場所に赴くのは時間や費用がかかります。そのため、郵送で戸籍を取り寄せることもできますが、用意する書類が多くなるのであらかじめ役所などで確認しておきましょう。戸籍を集め終わったら、情報を整理してどこまでの情報を家系図に記載するか考えます。

家系図の作り方として、親子関係を縦線で結び、夫婦や兄弟などを横線で結ぶ縦系図が一般的です。親子関係がわかりやすく、一見しただけで血縁関係や年代がわかりやすいという特徴があります。レイアウトは自分で一から作っても問題ありませんが、専用のアプリやテンプレートなどがあるので、そのようなソフトを利用すると見やすくなります。作り方を決めたら、先祖をどこまで遡るか決めて、全体の形を見ながらどの情報を記載するか整理しておくのがおすすめです。

誰をどこまで載せるかなどルールはありませんが、人数が多いと見づらくなりますし、少ないと寂しくなってしまうので、バランスが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です